網地島発 姥婆すてture・zure

島に住む染物屋の婆々が思いつくくままに

灯篭流し

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

御先祖をお迎えした盆棚飾りを流してお見送りする火送りの行事です。
海が荒れて日延べになり、やっと今日船を出すことに・・・

IMG_0495_convert_20150831154647.jpg

IMG_0500_convert_20150831155113.jpg

IMG_0498_convert_20150831154857.jpg

IMG_0501_convert_20150831155340.jpg

昔はそれぞれが盆棚飾りを持って集まり、提灯に火を灯し線香をあげて、坊さんの読経のうちにこの浜から流したそうです。
夕闇に浮かぶ提灯の灯がゆらゆらと海を渡っていく様は、まことに魂があの世に帰っていく姿そのままだったことでしょう。美しく、妖かしの光景。見たかったですねえ・・・・・
海川の汚染を防ぐための規制が厳しくなり、高齢化も進んで、今では漁船に積んで金華山沖まで運び流します。同行したことがないので状況は判らないけれど、提灯に灯を入れることも線香をつけることも3・4人の漁師さんだけでは無理なのでは・・・?
寂しくはなったけれど、信心深い島の人達は出来る限りしきたりを守り続けています。
夏も終わりますね。

スポンサーサイト

カマスきてます

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

カマスは体型が円筒状で頭部が著しく尖った紡錘形の魚。体長は60cmにもなるが普通は30cm以下のものが多い。
江戸時代には、機織りの横糸を通す梭に姿が似ているところから梭子魚(さしぎょ)と呼ばれたという。鋭くとがった歯でマアジやイワシ類、キビナゴのような小魚をまるごと呑みこんでしまう。貪欲で攻撃的な魚です。
今カマスがきている。
長渡の浜は波が高く定期船も着岸できない日々が続いているが、網地にはカマスがきているというので釣り師たちも網地浜に日参しているらしい。群れをつくる魚なので時さえ合えば小1時間で2・30匹は軽く釣れるという。
頂きました。約50匹のカマス。

IMG_0492_convert_20150826154222.jpg

IMG_0494_convert_20150826154500.jpg

体長20cm以下だが、天婦羅にするにはこれ位のサイズが最適です。塩焼きよし、酒蒸しもよしだが、なんといっても天婦羅にするのが旨い。身がふんわりとし5.6個は軽くいけてしまう。
今日は天婦羅用に半分、あとの半分は立て塩をして干物に。
私の必携[魚と貝カラー百科]によれば「釣り人の特権・カマスの刺身]とある。釣りたてを戴いているのだから、ほとんど釣り人と同じです。ああー、刺身にすればよかった。今度戴いた時には絶対お刺身で食べよう!

どうなる?

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

五輪エンブレムが世上を騒がせている。
諸事情を取っ払ったうえでいえば、私はこのエンブレム いいと思う。

1964年の東京オリンピックに向けて日本が猛ダッシュを始めた時、私はデザイン科の高校生だった。デザインという言葉がようやく定着しようかというとき。私の学校でもまだデザイン科とはいわず産業美術科という名称だった。
グラフィックデザイナー、イラストレーターという職業が一気に注目を集めた時代。
1959年に設立された日本デザインセンターの雄だった亀倉雄策がオリンピックのポスターを制作した。中央に日の丸を配しシンプルにしてこれ以上足すも引くもない完璧なデザインだった。デザインを学ぶ者にとっては衝撃的作品でした。
すべては時代背景またはニーズによって変化する。デザインもシンプルで先鋭的なものが受ける時もあれば、柔らかいタッチのものが好まれる時代もある。今回のエンブレムは亀倉雄策デザインの延長線上にあるように感じる。ただ・・・
あれから半世紀を経てこれだけ情報過多の今、無意識にインプットされる情報の中で創作に携わるものは、余程に心してかからなくてはならないわけで・・・惜しむらくは・・・

現代はネットの時代。昔と違い多様なメデイアに展開し配信されるが、このエンブレムの動画なかなか良いです。アルファベットが次々に移動し展開して躍動感もあり楽しい映像になっている。こんな騒動になったのを惜しみます。

さて、この騒ぎ、どう決着がつくのか…?

IMG_0484_convert_20150824191646.jpg

IMG_0490_convert_20150824192324.jpg

台風の余波で海は大荒れ。記事に関連はないけれど・・・・

「ピーマン」

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

東京の工房に勤めていた頃、むかーしからいる坂本さんというお婆さんを除いて、スタッフは30代美術系独身という女性ばかりだった。職人さんは男性というか、お爺さんばかりだったが・・・
スタッフ間の話題は必然的にお洒落、有名なお店、流行。いわゆるトレンドな話題でした。家庭を持ち子供もいる身としては、ついていくのが大変。でも、青春のやり直しみたいで楽しかったなあ・・・
忘れられないのが [お尻がピーマン]
「年取るとお尻がピーマンになるんだよ]
「うん、うん、嫌だー、あんな風になりたくなーい]
「嫌だよねえ、格好悪ーい!]
ドキッとしましたね。私 すでにピーマンかもしれない。おもわず、そっと自分のお尻を触ってみたりして・・・・

IMG_0469_convert_20150821114932.jpg

IMG_0472_convert_20150821115130.jpg

IMG_0475_convert_20150821115404.jpg

IMG_0473_convert_20150821115631.jpg

最近クロのお尻、ピーマンになってるような・・・・なんか、年寄り臭いお尻になってるような・・・・

随分と晩生

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

今夏の日本列島は暑かった。
東京からもらったメールには「灼熱地獄」と書かれていた。それに比べれば島は[熱帯]位だろうが、それでもこの十年で一番暑かった気がする。
トマトが豊作だった。充分に食べたうえソース用ストックも作り大満足。キュウリもまずまずの出来で辛子漬や佃煮にして楽しんだのだが問題はゴーヤ。いちばん期待していたのだが・・・・
お盆も過ぎ夏じまいも近いというのに、花はいっぱい咲いても一向に実にならず、今年はこのまま終わるのかと思った。

IMG_0462_convert_20150820094120.jpg

今朝やっと可愛いのを見つけた。

IMG_0465_convert_20150820094328.jpg

これ、いつになったら食べられるのだろう。早々に泡盛も用意して待っていたのに、秋のゴーヤなんて間が抜けている。

無事に

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

墓参りに行ってきた。山の中なので年に何度も行かれないが、雨模様ながら本降りになることもなく、今年も無事に済ませることができ・・・
去年と同じく祭べ温泉に一泊。今回は二部屋の特別室だったので食事も部屋で戴くことができた。地ビールを飲みながら次々に運ばれる料理に舌鼓をうち、極楽・極楽・・・毎年、墓参りが温泉旅行に化けます。ごめんなさい。

IMG_0449_convert_20150817081307.jpg

IMG_0451_convert_20150817081528.jpg

IMG_0454_convert_20150817081756.jpg

この道なき山道を2・3時間登ると遺跡があるらしいが・・・とてもとても
のんびり湯に浸かり、年に一度の極楽をさせてもらいました。
これで一年が滞りなく終わったような気分。

クロ岩夫

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

[ゴミ捨てに行くよ」って言ったら、ついて行くという。

IMG_0424_convert_20150809170013.jpg

途中でこんな遭遇をしたり

IMG_0427_convert_20150809170648.jpg

帰りには、こんななっちゃたり

IMG_0442_convert_20150809171210.jpg

IMG_0443_convert_20150809171502.jpg

実はまた顔面負傷で右頬が腫れ上がってる。抗生物質のお薬塗ったから大丈夫だと思うけれど・・・・ぶっさいくな岩夫くん。

IMG_0419_convert_20150809165753.jpg

撮るなよー!

IMG_0407_convert_20150809171751.jpg

立秋

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

昨日までの暑さは何処へいったの?
この涼しさは嘘でしょう。
油断させておいて一気にまたあの灼熱地獄へ突き落すにちがいない。暦の上の秋なんて・・・・・・

IMG_0411_convert_20150808124803.jpg

蝉の声は降るように響いているが季節は移っていく。
弱った蝉に襲い掛かるバッタ。自然界の修羅場です。

IMG_0416_convert_20150808125134.jpg

IMG_0418_convert_20150808125328.jpg

IMG_0413_convert_20150808124953.jpg

短い命を終えて・・・・

ホヤ

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

ホヤの暑中見舞い あまり好評ではなかったようです。
やはり夫の言うこときいておけばよかったのかなあ・・・・・
でも、ブログをみて好物だと知った方から時々頂戴することになり、どちらかといえば・・・・良かった!

初めてホヤを食べたのは東京時代、練馬の行きつけの呑み屋さん。ウへ―でしたね。香りというより匂いでした。二度と食べたいとは思いませんでした。
仙台に移り朝市で見つけた時、その姿の面白さに惹きつけられて絵にしたいと思った。素描は今も手元にありますが、描き終わった物は既に食べられる状態ではなく、食べる気もなかったですね。 ところが、
島で食べたホヤの美味しかったこと! まさに海の香りでした。ほろ苦さが堪りません。以来、夏が来るのが待ち遠しく、卑しくも [どこかからこないかなあ・・・]と心待ちにする有様で・・・・・

IMG_0399_convert_20150807112642.jpg

IMG_0401_convert_20150807112810.jpg

上部に吸入口と排出口が並んでいる。下部の根のあるところを「へそ]と呼び、ここが一番の美味。軽く塩をしておくと甘みが増して更に美味しくなると教えられたので…・教えられたことはまず試してみなくては。

IMG_0405_convert_20150807113027.jpg

今夜が楽しみ!

真理子さん

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

網地地区の住民が中心になって「あじ朗志組」を結成している。
毎夏 「網地島ふるさと樂好]と銘打ち、児童施設の子供たちを招待して伝統漁法の[あなご抜き]や、ウニの殻むき、シーカヤックなどの体験を行っている。子供たちには忘れられない思い出になるし、島の年寄にとっても喜びと励みになっているらしい。
私は長渡地区の住民なので「-朗志組]について詳しくはないのだが、今年の[網地島ふるさと樂好]にはなんと、あの世界的ヴァイオリニスト千住真理子さんをゲストにお招きしたのだ。どういう繋がり伝手があったものか・・・・朗志組、やりますねえ。

生で真理子さんのヴァイオリンが聞けるなんてめったにあることではないし、もう一生こんな耳福はないだろうと思い出掛けた。
網小医院のデイサービスの部屋です。
特養に入院している年寄り、診察を受けにきた年寄り、年寄りばかりが部屋をいっぱいに埋めて真理子さんのヴァイオリンの音に耳をすましました。贅沢な時間でした。
私は音楽の素養もないし音感も悪いので見当はずれの感慨かもしれないけれど、ヴァイオリンは映像だと思いました。目を閉じて聞くと音の一つ一つが映像となって流れていく。水の流れ、葉擦れのさま、木漏れ日・・・・風が渡る・・・

許可なく写真を撮るのは失礼だと思い遠慮しました。
真理子さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。みんなまた 寿命が延びたよね。

「ハッチ」その2

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

パソコンを使いこなしていないので出来ないことがいっぱい。
メールで送られてきた写真が横になっていると縦にすることができない。それを取り出して何処かに貼りつけるなんてもってのほか。
[ハッチ]の写真が送られてきた時も、あまりの可愛さにブログで紹介したいとおもったのだが、さてどうしたらよいのだか・・・?
あれこれクリックしまくって、とりあえず縦にした写真を絵にするしかないわけで・・・・

IMG_0396_convert_20150801131846.jpg

でも 私の絵って いわゆる可愛くないのよね。
まだ実物には会ったことがなく写真だけなんだけど、[ハッチ]って頭が大きいのかなあ?