網地島発 姥婆すてture・zure

島に住む染物屋の婆々が思いつくくままに

無防備な!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

野良さんがこんなんでいいの?

IMG_2050_convert_20160528181322.jpg

IMG_2054_convert_20160528181359.jpg

IMG_2056_convert_20160528181426.jpg

スポンサーサイト

コンピューター!

Posted by ichi姥 on   6 comments   0 trackback

一昨年ロックミシンを買った。便利で綺麗な仕上がりに満足している。
長年使い続けた直線縫いミシンも調子が悪いのだが、今更買い替えるのはすっごく嫌!だって、あと何年使う?ロックは持ってなかったから仕方がないけれど、直線縫いは取りあえずあるんだから・・・と、だましだまし使ってきた。
もう限界です。目は飛ぶし下糸は引っかかるしで仕事にならない。たとえ先が見えているにしても現役を続けるからには道具は必要です。
これまでは旧式の電動ミシン。今は電子ミシン、コンピューターミシンが主流らしい。それぞれ特性があるようだが、なにせ旧式しか使ったことがないので選び方が判らない。必須条件はテーブルが広いことだけなのだが、これがなかなか無いのです。行きついたのがこれ。

IMG_2041_convert_20160527135839.jpg

IMG_2042_convert_20160527135908.jpg

IMG_2044_convert_20160527135940.jpg

いいのかなあ? コンピューターですよ。パソコンがちょっと トラブルともう 右往左往・・・どうにもならなくて若い人に救援要請をする始末。知り合いの若者はミシンなんて使ってないだろうしなあ…すごく不安!
段ボールには精密機器なんて書いてあるし、中にはCDロムまで入っている。大丈夫かしら?
ミシンごときに少々ビビってます。

フィトンチッド

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

NHK18時10分からの[てれまさむね]の天気予報が好きです。
予報士がよく勉強していて、季節の中の古語や節句の謂れ成り立ちなどを話題にしてくれるのが楽しい。豊かな四季の折々に祭事を持った日本も、地球環境の変化や現代生活の慌ただしさにより失ってしまった行事は多い。忘れたどころか元々知らなかった故事を教わることで改めて季節を感じたりもする。

IMG_1996_convert_20160521150649.jpg

お気に入りだった篠原予報士はこの春移動になった。新しい予報士の関口さん、まだ[やっぺー]とも馴染めずぎごちないが、前任だって最初はたどたどしく緊張気味で見ているほうが気をもみました。それが後半には「やっぺーと]羽目を外すまでになり・・・
篠原さんは古典に話を振ることが多かったが、関口さんはやや視点が違うようです。島暮らしにとって天気予報は必見だが、明日の天気だけではなく豆知識みたいなオマケは嬉しいものです。
[てれまさむね」は宮城県だけの放送だと思います。

IMG_1994_convert_20160521150557.jpg

IMG_2010_convert_20160521150728.jpg

フィトンチッドとは木の発する香り成分で抗菌作用があり、人をリフレッシュさせてくれるものだという・・・関口さんから教わりました。
農道の散歩はまさにフィトンチッド浴び浴び!!

スープカレー

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

青森の親友が送ってくれる荷物はいつも楽しい。
母親が親元を離れた娘に送るように、細々としたものがいろいろ詰めてある。まず新刊本がぎっしり、そしてスナック菓子、調味料、ビール、防災用品、布小物等々。彼女のほうがずっと若いんですが・・・
今回入っていたのは、北海道のタレ屋・ソラチの[札幌スープカレーの素]

IMG_1984_convert_20160518170030.jpg

スープカレーが流行っているのは知っていたが作るのは初めて。
スパイスの配合が私好みです。すっかり嵌ってしまいソラチからお取り寄せしてしまった。暫くはこれ一本ですね。
今日は大盤振る舞いでアワビ入り。ナスとピーマンは色が悪くならないように油通しをしておきました。

IMG_1987_convert_20160518165953.jpg

島暮らしをしていると流行り物に疎くなるんだけれど、彼女のお蔭で時々新しいものに嵌ります。
サフランライスも炊いたし、さあ いっただきまーす!


終わり初物

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

歳のせいで回復力が鈍くなった。一週間の立ち仕事の疲れがなかなか抜けず、気力体力が戻るまでに十日もかかってしまった。嫌ですねえ。
やっと散歩の再開。久し振りの農道には、あちらこちらにヤマツツジが咲いている。風薫る季節です。

IMG_1972_convert_20160516112821.jpg

IMG_1973_convert_20160516112849.jpg

県道の山藤はもう花じまい。

IMG_1979_convert_20160516112917.jpg

IMG_1980_convert_20160516112945.jpg

農道でワラビ採りをしているミーちゃんに出会った。「まだ残ってるの?]と聞くと
[終わり初物だよ。]という返事。素敵な言葉ですねえ。日本人でよかった!!

うねうね

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

そろそろ夏野菜の苗が届くころ。準備をしておかなくては・・・・
大嫌いな草取りをし、土を耕して肥料をまき畝を作った。いい加減ですが・・・・・見様見真似です。

IMG_1965_convert_20160513163851.jpg

アマナに蝶が・・・ヒョウモンチョウだと思ったが、昆虫百科図鑑で調べてみると、マメアカタテハのようなコヒョウモンのような・・・はた又ウラギンヒョウモンのような・・・調べて、かえって判らなくなることってありますねえ。

IMG_1963_convert_20160513163819.jpg

もういつ苗がきても大丈夫。トマト、キュウリ、ナスにオクラ、さあ いらっしゃい!

大漁じゃー!!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

朝、Sさんが[巻き網にいっぱい入ったようですよ]と、鯖を届けてくれた。
早速開いて立て塩をし干物に。
そこへスズキ釣師さんが、
[すっごいのが釣れました。」と持ってきてくれたのがでっかい[ボイジョ] 50cmジャスト。
今まで頂いたのは大体20cm位だから今日のは凄い大物です。しかもまだ生きてる。

IMG_1951_convert_20160509114525.jpg

IMG_1950_convert_20160509114448.jpg

一緒に頂いた小振りのスズキと並べても

IMG_1956_convert_20160509114735.jpg

汁椀にすると上品なお味の絶品の魚です。この大きさになると刺身で食す時には皮が硬いので、湯引きした後あぶりにするのが良いと教わった。やってみよっと!
包丁を入れた途端、バチッっともの凄い力で跳ねた。顔に鱗がビシャ! 私、賭殺人みたい。
ボイジョの口から出てきたカにさん。

IMG_1958_convert_20160509114639.jpg

ただいま

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

一週間以上留守にした。昨日の午前中に帰ってきたのだがクロは姿を見せない。見放されたと思っちゃたのかなあ・・・・・
宅急便代のお釣りを預かってくれていた綱取りのYさんが来て
「何度も来たんだけれど、主がいなくて猫が留守番してたよ。おっかなくてー・・・]
毎日来てたのね。お留守番までしてくれたのに、ごめん、ごめん。
今日はやってきました。何処かで見張ってたのかしら、それとも庭暖簾を見て帰ってきたのが判ったのかな。

IMG_1909_convert_20160506134441.jpg

クロが来るとセットで現れるのが天敵カーコ。尻尾をつついて嫌がらせをしたうえ後ろを付け回す。

IMG_1938_convert_20160506134655.jpg

IMG_1936_convert_20160506134623.jpg

IMG_1921_convert_20160506134543.jpg

IMG_1915_convert_20160506134512.jpg

IMG_1946_convert_20160506134721.jpg

ご褒美の竹輪をあげるから、明日からまた来てね。