網地島発 姥婆すてture・zure

島に住む染物屋の婆々が思いつくくままに

春ですねえ!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

いまクロはとても忙しい!
昨日は御飯も食べに来なかったし、今日も来るには来たが大急ぎで食べてそそくさと帰っていった。そういう季節なんですね。
考えてみたら、クロの天敵[デカ顔]を見ていない。去年は一度も姿を見なかったような・・・

IMG_0097_convert_20150516113930.jpg
          2015年5月クロを威嚇している[デカ顔]  カラスにも怯まない強者だった

[デカ顔]がいない今、向かうところ敵なし全て意のまま。もう天下御免で、あっちでブイブイこっちでブイブイ・・・忙しいわけです。そのうち長渡には黒猫ばかりになったりして・・
さあ、もう一回り!イケイケのクロ

IMG_3477_convert_20170129154550.jpg

IMG_3479_convert_20170129154619.jpg

IMG_3480_convert_20170129154644.jpg


スポンサーサイト

ちゃっかりチビ助

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

チビ助たちに御飯をあげているのはK子さんだが水・木曜日はお仕事で留守。その日ちゃっかりチビ助はうちに来る。クロも黙認しているようだから、まあいいんだけれど・・・今日は一匹だけでやってきた。警戒していて触らせてもくれないのに恐る恐るながら家の中にも入ってくる。

IMG_3447_convert_20170126151059.jpg

IMG_3450_convert_20170126151209.jpg

手を出すと急いで逃げるが他所の家には興味津々の様子。

IMG_3451_convert_20170126151242.jpg

IMG_3465_convert_20170126151328.jpg

IMG_3467_convert_20170126151410.jpg

IMG_3469_convert_20170126151440.jpg

IMG_3475_convert_20170126151516.jpg

警戒心をといたらもっとお腹一杯食べられるのに・・・・
チビ助と一緒のときのクロは私にやたらと甘えてしな垂れかかる。テリトリーを主張してるんでしょう。大丈夫だよ、クロが一番!
このところ朝からずーっと仕事して、ときどき猫に餌をやる・・という生活なので変わり映えすることがなーんにもない。あーあ!


タラがきた!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

去年はついに食べられなかったタラ。
今年[タラが入ったよ]と電話をもらった時は展示会の最中で島には居らず、また今年も駄目か…と諦め気分だった。
別ルートからきました!お腹パンパン!

IMG_3431_convert_20170119114623.jpg

この季節タラを食べなきゃ始まらない。エラも赤くて綺麗です。

IMG_3432_convert_20170119114652.jpg

IMG_3434_convert_20170119114729.jpg

IMG_3435_convert_20170119114756.jpg

肝も大きくてキクもたっぷり。知人が言うには[タラの肝は美味しいですよね。フォワグラより旨いと思う。] そのあとに[フォワグラ食べたことないけど]と、続けましたが。確かにタラ汁にした時の肝はもっちリねっとりコクがあって美味しい。
私はキクが大好き。白子です。、鍋物に入れてもよいが、さっと湯通ししてポン酢でいただくのは最高。
なにせ大きいので捌いて1回分づつに分け冷凍、タラは捨てるところがほとんどない。
今夜はまずお刺身、白子のポン酢がけで一杯!冬の醍醐味です。

愛い奴め!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

毎週火曜日は公民館で復興市が開かれる。震災でそれまで石巻から来ていた八百屋さんが廃業し、難儀している島民のために婦人会が立ち上げました。すでに5年以上活動している。注文した物を買いに行く途中お寺の横でクロにバッタリ。
来なくていいというのにニャーニャー鳴きながら公民館まで付いてくる。終わるまで大人しく待っていて、また一緒に家まで帰りました。
ご褒美です。今日すでに2回目のカリカリ。

IMG_3413_convert_20170117140952.jpg

IMG_3417_convert_20170117141022.jpg

IMG_3421_convert_20170117141051.jpg

IMG_3424_convert_20170117141231.jpg

IMG_3426_convert_20170117141127.jpg

最近は荒くれで悪名を馳せているクロだけれど、私には甘ったれの愛い奴!留守の間も[まだ帰って来ないのかなあ・・・]と毎日偵察に来ていたみたいです。

有為転変

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

石巻・中央通り角に建つ[観慶丸]は嘉永元年(1848年)創業の陶器店です。石巻初の百貨店として営業した時代もあり、昭和5年建築の木造三階建て擬洋風店舗はかつての石巻の繁栄を今に伝えている。

IMG_3406_convert_20170112172621.jpg

陶器にはそれぞれの産地で有名窯があり、研鑽を重ねた当主が何代にもわたりその名を受け継いでいる。
有田の柿右衛門窯はその中でも世に知られた窯でしょう。濁手、一子相伝の赤といえば焼き物に興味のない人も「ああ・・」と思い浮かべることが出来る。

IMG_3360_convert_20170112172447.jpg

十五代を数える柿右衛門だがその歴史の中では時代に翻弄されて苦しい状況に置かれた過去もあったようです。
箱書きもつけず藁に包んだまま大量に処分したこともあったとか。その時、貨車1台を丸ごと買い取ったのが[観慶丸]
当時の石巻は漁業・捕鯨で沸いており、網元・船主などのお大尽が競って美術品を求めた。観慶丸はその需要に応えたわけです。
何代の作かもわからない柿右衛門が今も数多く石巻の蔵や天袋の奥に眠っているらしい。「凄い物を見せてもらった」という美術商もいるが、箱書きがなくては鑑定も難しい世界です。小さなぐい呑み一つがうん十万円する現在、名もなきものの中には名品もあるかもしれないのに…・以上はこの度ご一緒した美術商から伺った話。
震災前に観慶丸を覗いたとき、輸出用と思われる大きな壺が並ぶ脇に菰包みが積み上げてあった。あの中に柿右衛門が入っていたのかも・・・
震災で随分と壊れてしまったでしょうね。形あるものはいつか壊れる…宿命です。

ただいまー

Posted by ichi姥 on   2 comments   0 trackback

展示会の最終日は4時終了。最終の船便は3時半出航なので、どう足掻いても家には帰れません。どうせならと飯坂温泉まで足を伸ばしました。
源泉かけ流しの露天風呂。自分自身に[お疲れ様!]です。

IMG_3390_convert_20170112172309.jpg

一夜明けるとこの景色

IMG_3401_convert_20170112172408.jpg

無事に帰って来られて良かった!!

お留守番

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

明けましておめでとうごニャイます。

IMG_3354_convert_20170103143018.jpg

お正月だから御馳走ね。もっともこれだけじゃ足りないから後はカリカリのてんこ盛り。

IMG_3343_convert_20170101121233.jpg

一周間ばかり留守にするけれど頑張って乗り切るんだよ!元気でねー!!

IMG_3357_convert_20170103143130.jpg

慶賀吉祥

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

IMG_3335_convert_20161231095449_20161231204924669.jpg

        明けましておめでとうございます。
        本年もよろしく御願い申し上げます。