網地島発 姥婆すてture・zure

島に住む染物屋の婆々が思いつくくままに

御心配かけました

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

傷を負ったり病気のときは、いっぱい御飯を食べて栄養を摂ることが大切。特に蛋白質、蛋白質を多く摂取することが肝要である。そして少量の砂糖を加えた水を与えること、と、青森の友人が教えてくれた。
クロの怪我の酷さを心配した彼女が、子猫用・老猫用の栄養価が高い餌に加え獣医お勧めの缶詰などを大量に送ってくれた。
げんきんなものです。食欲もなかったクロが夢中で食べる。3日に一度くらいしか来なかったのが日に二度来るようになった。
お陰様でどうにか傷口も塞がり、やや庇いながらも普通に歩けるようになった。

IMG_3547_convert_20170223095909.jpg

IMG_3560_convert_20170223100028.jpg

IMG_3561_convert_20170223100104.jpg

IMG_3559_convert_20170223095957.jpg

人も猫も、生きている間は御飯を食べなきゃ駄目ね。
美味しいものをいっぱい食べて、ボケないように寝込まないように頑張ろう!

スポンサーサイト

やや快方に

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

毎日来てはいたがあまり食欲もなく青洟を詰まらせていたので、やはり感染症に罹ったかと・・・
今日はビッコを引きながらも前足をついて歩いてきた。傷は癒えていないが声には少し力が出てきたような・・・

IMG_3533_convert_20170216093742.jpg

IMG_3531_convert_20170216093718.jpg

IMG_3524_convert_20170216093640.jpg

IMG_3534_convert_20170216093814.jpg

IMG_3535_convert_20170216093847.jpg

ちょっと良くなるとすぐ…・まったく男って奴は!

IMG_3537_convert_20170216093915.jpg

でも少しやれやれ・・・です。この調子で回復してくれればいいのだが。

ぼやき

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

毎日毎日寒くて、強い風が吹いている。
私は毎日毎日ずーっと仕事ばかりしている。外へ出るのは郵便局と復興市とゴミ捨てに行くときだけ。食事もいい加減なものをチャチャチャっと作って食べている。それでも一人で出来る仕事の量には限りがあるわけで・・・
この歳になってこんな事でいいのだろうか、いいわけないよなあ・・・

IMG_3520_convert_20170214112118.jpg

5月の展示会が終わったら絶対に何処かへ出掛けるぞー!沖縄、北海道、四国、何処でもいいから出掛けるぞー!!
釣りの師匠からドンコを頂いた。今は水温が低くてドンコさえあまり食いつかないそうだ。
フッフフ、ドンコ待ってろよ!暖かくなったら私が推参仕る。

IMG_3521_convert_20170214112200.jpg

まだ痛い!

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

怪我をしたり病気になったとき野生動物は巣穴に籠って自然治癒するのをひたすらじっと待つ。
クロは野良、いわば野生です。そのうえ島に動物病院などはないので必然的に自然治癒を待つよりない。
酷い傷を負ったときクロは2・3日やって来ない。籠って耐えているのだろうと思っていたが、今回も余程お腹が空かないと来ません。
3日に一度くらいヨロヨロびっこを引きながら・・・
現れるまでは心配で[死んじゃったのかしら・・・]と気を揉むが、3日目にやってきていっぱい御飯を食べるとホッとする。
もう一週間くらい経つが経過は良くない。傷が見えたので抗生物質をつけてやったがすぐに舐めてしまう。でも薬を塗る際に触っても怒るわけでも痛がるわけでもない。どこがどうなっているのだろう…?骨折でもしているのだろうか。いや骨折なら触らせてもくれないよなあ…私は獣医じゃないので皆目わかりません!

IMG_3513_convert_20170207133558.jpg

IMG_3512_convert_20170207133521.jpg

IMG_3515_convert_20170207133832.jpg

心なしか痩せたような・・・・そりゃそうよね、1日3度てんこ盛りにカリカリ食べていたのが3日に一度だもの。
野生を生き抜くって大変です。クロ、頑張れ!

負傷

Posted by ichi姥 on   0 comments   0 trackback

前回、むかうところ敵なしと書いたけれど野生の世界はそう甘くはないようです。
左前脚を負傷したらしく足をつかないようにして歩いている。見目麗しいのを巡ってバトルをしたのか、はたまた嫌がる雌に無理強いして剣突くらったものか・・・

IMG_3492_convert_20170202173707.jpg

薬をつけてやろうと調べてみたが表立った傷はない。見えない怪我はかえって怖いかも。この季節、やんちゃ坊主を持った母さんは気が気じゃないわけで・・・野良なのに、へーんなの。

IMG_3491_convert_20170202173639.jpg

IMG_3496_convert_20170202173737.jpg

でも前足で良かったよ。偉そうな顔していて後ろ足負傷じゃあねえ。