網地島発 姥婆すてture・zure

島に住む染物屋の婆々が思いつくくままに

生きてさえいれば

Posted by ichi姥 on   2 comments   0 trackback

傷は塞がって毛も生えてきた。

IMG_3606_convert_20170306180955.jpg

IMG_3607_convert_20170306181022.jpg

でも軽-いビッコを引いて歩く。もう治らないのかもしれない。チビ助のお母さんのK子さん曰く[生きてるんだからいいじゃない]
確かにね、生きてさえいれば美味しいものも食べられる。最近は砂糖水がお気に入り。

IMG_3604_convert_20170306180920.jpg

IMG_3593_convert_20170305165707.jpg

フー、満足満足!

スポンサーサイト